今まで買えたものが買えない。

今まで行けた場所に行けない。

体を動かしたくてもスポーツジムにも行けない。

映画館にも行けない。

友人と飲みにも行けない。

 

全ての行動パターンを白紙にした新型コロナウイルスは凄まじいです。

今まで散々自分の思い通りに生きてきた人間にとってこの状態はとても不自由に感じるでしょう。

 

私の人生でもここまで行動を制限された事はありません。

私の通っているスポーツジムも休館になってしまいました。

体重や健康の維持に気をつけないとです。

ただ、新型コロナウイルスも生き物ですから生き残りをかけて感染を続けてるんでしょう。

改めて目に見えないものは厄介なんだと思いました。

考えてみれば目に見えないものは世の中に結構ありますね。

酸素や二酸化炭素、労力やサービス、貢献などです。

人は目に見えないものについて油断するみたいです。

 

地球温暖化なども二酸化炭素が増えることによって進んでいると言われていますが、

二酸化炭素が増えているのは目に見えないので何も感じません。

目に見えても知らんふりをする人もいますが、

見える見えないでは大違いです。

教訓として思うのは、見えないものを見える化していくことの大事さです。

 

普段の生活にも目に見えない労力や仕事が沢山あります。

これらを見える化していきそれぞれに名前をつけてあげて存在を明らかにします。

その存在が必要か不必要かを選別し不必要なら排除していきます。

また、改善の余地があるのであれば改善した存在に進化させます。

多くの方々が今回の新型コロナウイルスの影響で多大な被害を被っていると思いますが、

永遠に続くことはないという原理原則を信じて日々注意しながら生きていくしかないですね。

そして不自由さからせっかくですから何かを学びましょう。

今まで周りを見ないで生きてきたのなら少しだけ周りのことに注意して見てみましょう。

過去の歴史に氷河期や様々な時代があったかと思いますが、

今回の新型コロナウイルスとの戦いも人間が進化するための一つの大きなイベントなのかもしれません。